ファッション

【元販売員が直伝】洋服の毛玉対策!正しいケアでニットを楽しむ

こんにちは、ほりぴです。

衣類といえば、毛玉に静電気、汚れ…と、ちょっとしたことで見栄えが悪くなりやすいもの。

今回はその中で毛玉にまつわる対策方法とケアのテクニックをご紹介します。

1年で最も服のケアが必要なシーズン・冬

冬といえば、ニットやウール、もこもこのボアのコートなど、地厚であたたかいものを着る機会が増えます。

ひさしくん
ひさしくん
ニットってあったかいけど、毛玉がなぁ~…
ジョン
ジョン
わかるー。洗い方も気を使うし、毛玉もできると思うと気軽に着られないよね

 

毛玉が出来るだけで、服の印象が変わってしまいますし、購入した値段にかかわらず、ガッカリしてしまいますよね…。

毛玉が出来ないニットはない

販売員時代、冬になるとニットの接客の中で

「これって毛玉になりますか(なりやすいですか)?」

というお客様からの質問が非常に多かったことが印象に残っています。

毛玉ができると見栄えも悪くなるし、毛玉付きっぱなしの服を着ているだけで、だらしない人のように見られてしまいがち。

かといって1つずつ取るのも面倒だし、引っ張って取ったらまた別の毛玉が出現したり…

と毛玉にエンドレスループで悩まされたことがある人も多いはず。

出来かたや出没率こそ様々ですが、毛玉ができにくいニットはあっても、毛玉のできないニットは基本的に存在しません。

これは高い・安いに関係ないんですよね…。

毛玉が出来るメカニズム

毛玉とは、繰り返し着ることや洗濯による摩擦で生じる現象です。

ピリング、とも呼ばれますね。

出来るメカニズムとして、生地の表面が摩擦をうけ、繊維の先端がケバとなり、それらが絡み合って、毛玉を生みだします。

 

糸を編み合わせた生地であれば、ニットに限らずどんな衣類にもこの毛玉が出来てしまうのです。

ニットに毛玉が多く出来るのはなぜ?

繊維の強度に関係なく、毛玉は発生します。

ポイントは、ウールなどの動物繊維では毛玉になったあと自然に脱落しますが

強度のある合成繊維(アクリル・ポリエステルなど)は絡み合ったまま落ちず、そこにとどまっていることが多いのです。

ほりぴ
ほりぴ
ウールが入っていたとしても、合成繊維と一緒に使用されていたり、ヨリがあまい糸だと、とどまる毛玉が出来やすいよ~。

 

販売員が勧める!毛玉対策に使える便利なアイテム

出来てしまった毛玉を元通りに戻すことはできないので、これはズバリ”切る”しかありません。

ここで注意なのが、延々と取れてしまうので、

あまり力を入れすぎたり何度も頻繁に毛玉取りをしてしまうと、繊維がやせ細って生地に穴が空いてしまう可能性があります。

  • ケアは生地の厚みなどを注意し確認しながら
  • 他の服とのローテーションでダメージを抑えながら着用する

というのを意識して着ましょう。

毛玉取り機はテスコム!どんな毛玉もよく取れる

テスコムのAC電源タイプの毛玉とり機の良い点は
  1. 5段階(0.5~2.5mm)でカットする高さ変更可能、生地の素材に合わせてケアできる
  2. 電源コード付きだとパワーダウンがないのでサクサク快適に毛玉が取れる(コードレスでも使用可能)

 

販売員の時、服のおなか回りや袖回りが洋服を畳んだり作業をすることですぐに毛玉だらけになりがちでしたが、テスコムの毛玉取り機は本当にスルスルと取れる!

おかげで新品同様の状態をキープ出来ました。

ちなみに毛玉取り機は価格がピンからキリまでありますが、多少奮発した方がいいです。安いのは本当にそれなりです。

アナログ派なら毛玉取りブラシ。猪毛で毛玉瞬殺!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】かんたん毛玉取りブラシ オリジナルブラシクリーナーSET (ev)
価格:3579円(税込、送料無料) (2018/11/20時点)

 

楽天で購入

 

イノシシのパリっとした固い毛を使用したブラシです。

こちらについてはビックリするくらい毛玉が落ちるので、使うときは他の繊維まで削りすぎないように力を入れないよう注意が必要。

軽い力で即!毛玉が取れます。

わたしも気に入っていて、2シーズン使っています。

写真のように、ボッソボソの細かく生地にこびりついた毛玉が特に取りやすいです。

靴下の毛玉撃退にちょうどいい硬さです。

スポンジ裏でも毛玉は取れる

裏ワザのような形で話題になりましたが、実は家庭にあるスポンジの裏側の硬い面も毛玉取りに最適です。

毛玉取りブラシと同様、力を入れすぎると生地がやせて穴が空いてしまう場合があるので、あくまで優しく、が使用時のポイントです。

時間がかかってもいい。ダメージは最小限にしたい人は…

ズバリ、はさみです

先にも書きましたが、繊維同士の絡み合いで毛玉はできます。

絡み合ったところだけをピンポイントで除去することが、一番洋服にもダメージがかかりません。

ただし、毛玉1つ1つとの長い闘いとなるので覚悟が必要。

袖やわきの下など、狭い範囲にできた毛玉を取る程度であれば、はさみも有効活用できます。

まとめ

服をワンシーズンで買い替えるよりも、ケア用品を奮発して大事に長く着れる方が賢いです。

  • 毛玉はどんな洋服にもできる
  • 毛玉を正しくケアすれば新品同様に復活可能
  • 毛玉取り機はパワー命。価格はケチらない。
ABOUT ME
horipi
元アパレル会社に勤務、アルバイト・販売・企画トータル10年のキャリア。 現在フリーでコーディネートのお手伝いをするアドバイザー。 アパレル・コーディネートの記事が中心ですが、ファッション好きが過ぎて浪費を繰り返し貯金とは程遠い生活の20代を過ごした教訓から、賢く楽しく節約や資産運用する方法も紹介中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です